世界中で現地を感じる滞在をするプロデュース

旅行好きな人は、旅行が生活の一部になっている人が多く、旅行にかける熱意があります。

買い物に行っても見るものの殆どが旅行で使うもの、役立つものかどうか関連性を確認することが多いです。

何を隠そう私もその一人なのですが。

旅をする人が挙げる旅の目的は、色々ありますが、時と場合によって違うと思います。

旅行の目的を考えてみる

旅行にはいつも目的があります。特にテーマがなくても、移動をして、決めた場所までたどり着く事が目的ともいえるでしょう。

旅のカテゴリといえば、仕事で出張、休暇で帰省、冠婚葬祭のための訪問も含まれます。

一方で観光や、レジャーを主に、楽しむことを目的とした旅行もありです。

ここでは、仕事や帰省ではなく、休暇、レジャー、つまり主に観光など、楽しむことを目的とした旅の話をします。

私は旅行が好きで、人生で初めての海外旅行はイタリアとギリシャでした。

今でも、初めて行った海外で見たもの、聞いたもの、食べたもの、体験したことを鮮明に覚えていて、ものすごいカルチャーショックと、その刺激がたまらなく心地よかったのを覚えています。

旅行の目的や好みは人それぞれなので、私には刺激的に感じる事が、他の人にも同じように刺激的に感じるかは分からないですが、参考になればと思います。

旅行にかける熱い熱意

旅行好きな人の共通点の一つ、それは、好奇心

好奇心が強ければ強い人ほど、色々な経験や、知識を深めるために行動範囲を広げたり、違う角度から色々挑戦したりしています。

始めの頃はツアーに参加して観光だけだったのに、今では、こんな事、あんな事。

例えば、

  • 短期語学留学で、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語とその言語の国を短期滞在する。
  • 各国の料理を習うため、色々な国の料理教室に参加。
  • その国や地域の伝統文化を習うための旅行、(ダンスや、刺しゅう、靴作りなど)
  • ワーキングホリデーのビザが取れる年齢のうちにあちこち行って、アルバイトしながら現地の生活を楽しむ
  • 世界の格闘技を習いながら旅する(道場破りみたいな感じでしょうか?)

こういった行動を続けていると、同じ趣味の人達と仲良くなったり、イベントに参加したりするようになります。

30か国を旅行した経験から思うこと

私が今まで行った国をよくよく数えてみるとちょうど30か国でした。

まあ、よくも30か国も行ったなあと思いますが、それらの経験から思う事は、極端に分かれて2つです。

  1. 週末や数日の休暇を利用しての短期旅行なので、始めて行く場所は、できるだけ時間を節約して効率よく、観光名所を見るだけで終わってしまう感じ。
  2. 東南アジアに住んでからは近場の同じ都市に繰り返し行くことが多くなり、また来るからいいやと思い、特に何も変わったことはしないで、フラフラする。

どちらの場合も、宿泊先の役割というのは重要だと感じます。

私は繰り返してよく行く場所を旅行する時には、友達の家に泊めてもらう事が多いのですが、宿泊料金はもちろんですが、一人旅でずっと一人では寂しく感じる事もあり、長期になればなるほど、ただの旅行よりも体験を求めて旅行をする傾向が強くなります。

友達がいないエリアでは、ホテルやホステルなどに泊り、短期ホームステイ体験も可能なカウチサーフィンのススメでも書いたように、誰かと会って観光を一緒にしたり、小旅行を共にしたりするのです。

勿論、ホストの家に無料で泊めてもらう事も可能ですが、カウチサーフィンの場合、無料なので、殆どのホストが1泊ー2泊までとの制限を設けています。

そして、基本的にはカウチ(ソファー)に宿泊でも耐えられるような、旅の強者向けなので、長期滞在や、プライベートが必要な場合には向いていないと思います。

旅行に求めるものとは

旅行をしている目的はその人によって違いますが、旅行中に出会う長期旅行者達と話ていると、「どうして旅行をしているのか?」の回答パターンは以下のような感じになります。

  • 彼氏/彼女と別れで、気分転換が必要だった
  • 仕事ばかりのストレス生活を卒業して、新しい何かを探すため
  • 世界一周旅行で、違う文化や習慣を体験したい
  • 人生の節目に環境を変えて、世界観を変えるため

などがです。

何か理解できる気がするのは私だけでしょうか?

世界一周をしている人は大体、安宿を泊り渡って、大きなバックパックを背負って、筋肉質になっている人が多いのですが、旅が長引くにしたがって、体力も付き、旅のスタートから心も肉体も変化しているのは言うまでもないでしょう。

旅という、日常生活から離れて、視点を変え、環境を変えることで、物事の見え方が変わってきます。

新しい自分の旅プロデュース

旅をして環境を変えて、物事の見方を変えると言っても、誰でも簡単に仕事を辞めて、世界一周などの長期旅行を実現するのは簡単ではありません。

そこで、ほんの数日の休暇でも、毎日の生活からの変化、現地の生活環境を味わえる旅、でもカウチサーフィンのような強者でもない、という旅。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

インターネットから宿泊先を予約できますが、ホテルに宿泊するのとはちょっと違うスタイルが体験できます。

例えば、こんな事も可能です。

  • ヨーロッパでオリーブ農園の中の一軒家に4-5日滞在

  • グループ旅行で、窓から海が見えるヴィラを貸し切り

など。

用途はそれぞれですが、日常の雑踏から離れて、旅行を楽しむ選択肢の一つとしてお勧めです。

サイトは日本語メニューで操作が可能。

それぞれのページでは、ホスト(オーナー)のプロフィールの確認、そして、宿泊した人からのレビューも見れます。

宿泊には、部屋だけ、丸ごと貸し切りなどの選択肢もあって、支払いはサイトから運営会社が管理してくれるので、安心です。

是非お試しあれ!

この記事が皆さんのお役に立てればうれしいです。役立った、面白かったと思った人は是非下のボタンでお友達にシェアしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする